ニキビには適度な潤いも必要でした

顔にニキビがたくさんできて悩んでいた時、清潔にするという事ばかり考え、洗顔だけを重視していました。

毎日毎日、ひたすら丁寧に洗顔をしていましたが、一向に治る気配がありません。

ニキビは乾燥していて化膿しているような物ではなかったのですが、やはり顔にあると気になって仕方がなく、つい指で触ってしまったり爪で掻いたりしてしまい悪循環でした。

これでは全く前に進めないと思い、何か良い方法はないかと思い口コミサイトなどで調べてみました。

そこで見つけたのが、DHCのオリーブバージンオイルという商品です。

始めは、ニキビにオイルはないだろうと思って信用していませんでしたが、実際にそれを使ってニキビが改善した人がたくさんいる事を知り、興味を持った所で試してみる事にしました。

洗顔をしてスキンローションを付けた後、まだ少し濡れているぐらいのタイミングで、オリーブバージンオイルの出番です。

ほんの少しでよくのびて、肌がしっとり柔らかくなります。

ニキビの所にもきちんと塗布し、これを朝晩繰り返しているとニキビもだんだん柔らかくなり、本当に少しずつ消えていったのです。

わかった事は、洗顔のしすぎは良くないという事、肌が潤いを欲しがってできるニキビもあるという事です。

清潔にして水分を与えた肌から、水分が逃げないようにするために、このDHCのオリーブバージンオイルが大変良い働きをしてくれました。

また、炎症を抑える効果もあるという事なので、いっそうニキビに最適でした。

エステサロンのコンサルティングなら|診断テスト|ショッピングカート|フリーショッピングカート|童話集|相互リンクダイレクト|seoリンク|SEO|MY2-Link|ページランク別相互リンク集|心の童話|オーディオ|東京結婚向上委員会|