大人になればニキビはできないと

十代の頃は新陳代謝が烈しく、ニキビが出来やすいのも理解できましたし回りにいる子たち皆基本的にニキビがあり、それに困っているのが常でしたので、早く大人になりたいなぁ大人になれば綺麗な肌になれるんだろうなぁと思っていました。

しかし二十代になり社会人になってもニキビは出来続け、しかも若い頃と違って治りが遅いのです。若い頃は一週間もあればニキビの跡さえなくなっていたのに、二十代になり二十代後半に差し掛かったときには一ヶ月くらいにきびが治るのに時間がかかるようになったのです。しかもきちんと治らず跡が残ってしまうのです。

学生の頃は禁止されていた化粧で何とかカバーできるようになったのですが、それは根本的な解決になりません。

食生活が悪いのかも、と思い脂物をなるべくとらないように生活していくと皮膚がガサガサになり、にきび以上の悪影響が体に出るようになったのです。

化粧水もニキビ専用のものに変えたりいろいろとネットや雑誌で調べ実行しているのですが、いまだに自分に合っているニキビの直し方が見つかりません。